あの頃のこと(60)ゴール体の次元

2010年の秋にGCA(グローバルコーチアカデミー)で提供したものに、
『コーチングにおけるゴール体の次元~時間軸と空間軸の移動と超越を可能にするために、 コーチに必要な知識とスキル~』というプログラムがありました。

パワフルなコーチングを行なうために、わたしたちコーチは、クライアントのゴールについて何を知っておく必要があるのか?その上で、コーチがすることは何なのか?既存のコーチングにはなかった概念を新たに学び、実践に活かすことで、クライアントのゴールを立体的に設定し、その達成をより効果的に促進します。…というのが目的のプログラムです。

地球での活動は、自分の使い方と時空の活かし方がすべてだと言っても過言ではありません。

・立体的なゴールとは?
・次元とは?
・エントリーとは?
・時間感覚とは?
・時空間軸の移動とは?
・超越とは?

というテーマで構成したプログラムは、
オンラインで90分×7回。

これは、この時のわたしが持つ最新のナレッジを投入した渾身のトレーニングプログラムでした。
(高額かつエッジの利いたプログラムだったのですが、
多くの学習欲の高いプロコーチにご参加いただきました。)

1・エントリーとゴール体の次元①
2・ゴール体の次元②
3・時間感覚①
4・時間感覚②
5・超越系(オーバー3次元)①
6・超越系(オーバー3次元)②
7・総括したコーチングエクササイズ

以下にご参加いただいた方からのお声の一部を紹介します。(当時は、お名前の公表に許可をいただいていた方も、時が経っておりますので、伏せておきます。)

***

■ 本講座からあなたが受けた影響(インパクト)について、ご自由にご記入ください。
※ここで言う影響(インパクト)とは、刺激、気づき、学び、共感、モチベーションアップなど何でも構いません。

□ これからの私のコーチングに対する影響は ①「ゴール体」という概念を使うことで、常に多次元ゴールを意識することができる ②超越時間・超越空間をリソースとすることで、リソースの量・質が圧倒的に増えると感じました。あとは練習が必要だと思いました。 モナーク・バタフライの例は大変説得力がありました。超越過去>過去生、超越未来>未来生だと私は考えているのですが、そのよい説明方法のひとつだと思います。

□ 講師および「クラスメイト」に大変恵まれました。場における化学反応は次元が高く、付いていけるか?と不安に感じる場面もありましたが、どの部分に自分が付いていけないと感じたのか、それはなぜか?と内省する貴重な機会にもなりました。

□ 時間や空間の超越。NLP(神経言語プログラミング)とはまた違った切り口だけれど、いろいろ自分の中で繋がってきています。

□ 時間感覚について今まで考えても見なかったことを考えるきっかけになった。

■ GCA運営や講師へのメッセージをご記入ください。(改善して欲しい点などのリクエストも、どうぞお気軽にご記入をお願いいたします。フィードバックとして真摯に受けとめ、今後のプログラム運営に活かしてまいります。)

□ 超越を使ったコーチングは新鮮でエキサイティングでした。全感覚をOPENにしている、という在り方が伝わってきました。 何故「時間感覚」をトピックとして大切にしているのかが、講座参加者の多様性を目の当たりにすることにより今回、明確になりました。

□ 毎回講座終了後に起きたいろいろな気づきを他の参加者とシェアしたい!という思いが募りました。そういう場(ネット上で)があればいいなと思いました。

■ 推薦の言葉 もし他の方にもGCAでのプログラム受講をお薦めしていただけるようであれば、推薦の言葉を寄せていただければ光栄です。

□ 「ゴール体と時間感覚」の講座は、知的な驚きと面白さに満ちた講座です。そして①クライアントのゴールを構造的に明確にする ②クライアントのリソースの質の向上、本質化、そして量の増大、に役立つと思います。

□ GCAでのプログラム受講体験は、これまでのコーチ養成研修では経験したことのないスケールでした。ときには時空を超越しながら、コーチングとは何か?自分とは何かを講義とエクササイズを通して考えることができました。コーチとして、人間としてスケールアップが図れたプログラムでした。

□ GCAのプログラムはあなたに新しい視点を提供してくれます。自分の枠を拡げたい方は是非!

***

このプログラムは、「時間軸と空間軸の移動と超越を可能にするために、コーチに必要な知識とスキル」としているだけに、その学習をいかに実践につなげるかがポイントでした。

例えば、時間軸における「短期・中期・長期というスパンをどこに置くのか?」というようなことだけでも、人によって大きく違いがあります。そのことを、コーチは当然把握してセッションを行う必要があるわけです。

しかし、一体どれくらいのコーチが、そのことを理解し、また実践に活かしているのか?と思うと、その「まだまだ具合」に愕然とすることもあります。

わたしたちコーチは、自分のために学ぶというより、クライアントのため、また社会や世界のために学ぶのだと、はっきり言ってしまわなくてはならないのでしょうね。

と、当時のわたしが言っています。(今もそう思います。)

今、振り返っても、これはいいプログラムですね!機会があれば、またバージョンアップした形で提供したいと思います。

(つづく)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s