Movies

『ローラーガールズ・ダイアリー(Whip It)』は、
幼い頃から女優として仕事をしているドリュー・バリモアの
初監督作品です。彼女自身も出演しているのですが、
作品の早い時間帯で顔面鼻血だらけになっているシーンに、
とても好感が持てました。

主演のエレン・ペイジも素晴らしく、感情その他を
「歩き方」で表現するのが、本当に上手いのです。

主人公の選択、そこでの新たな努力、
いわゆる「根性」のようなものを見せるお話というのは、
観ているほうも、やる気が出ます。

恋は、その副産物だというのも、よくわかると思います。

***

This is the directorial debut of the former child star, Drew Barrymore.
She’s also in the movie and I especially liked that she showed her face covered with full of blood from nose in early scene.

The heroine Ellen Page was also brilliant.
I’m amazed how she shows emotions just by walking.

In inspiring movies, lead characters often showed some guts making decisions and tackling new challenges.

Romance is usually byproduct in the journey.

*****

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットなど、
多くの人気俳優が出演するシリーズ。
わたしは特に2作目の『オーシャンズ12』が好きです。

この映画を観て、気づいたことがあります。
個人として、チームとして、学ぶことが幾つもあるのです。

まず、チームに属する各人が超プロフェッショナルであること。これは、難しいミッションの実現にあたり、最低条件と言えるでしょう。
(ミッションには、当然、全員が合意&同意で、ブレはありません。)

その上での柔軟なチームワーク。
ライバルの台頭や不測の事態で、作戦変更は余儀なくされます。
が、そこでの臨機応変ぶりが見事なのです!

なぜ、そういうことが可能なのか?
それは、彼らが絶対の絶対の絶対に、あきらめないからです。
なぜ、あきらめないのか?
あきらめないと、決めているからですね。

選択肢は、もうないと思ったところから生まれる、
もうないと思った瞬間から自分たちで生み出すのだということを、
強く思い出させます。

しかも、どんなにピンチであっても、
どこかひょうひょうとして、楽しんでいる感じが漂っているのです。
チャーミングな仕事ぶりって、こんな感じなのかしら?

そして・・・。
もし、ジョージ・クルーニーが、女性だったら?と、わたしは考えます。
ここは、想像力の出番ですね。役柄とは言え、あの、ややもするとテキトーな感じ。
見習いたいモデルのひとつです。

***

The Ocean’s Trilogy features many popular actors and actresses including George Clooney and Brad Pitt.I especially like the second movie, Ocean’s 12.

I learned a lot from this movie.First of all, the members on this team are all extremely professional.You need to have a team like this to tackle complicated tasks.(When you are working on a mission, everyone on the team must be on the same page.)

That being on the basis, flexibility is required in teamwork.Whether your opponent is pushing you back or unexpected accidents happening, etc…you need to be prepared to change your plan.In the movie, I am amazed with their versatility.

How is this possible?It is possible because they never ever give up.
Why do they never give up?It’s because they are just that determined.

Options can be created when you thought you didn’t have any left.When you notice that you ran out of options, you switch your mind and think about coming up with a new one on the spot.

I was strongly reminded of this.Moreover, no matter how desperate the situation seems, they seem so calm and almost as if they are enjoying the mishaps.Maybe this is how you can be professional but also charming.

And then…another thought come across my mind…What if George Clooney was a woman?
Now, you are going to need good imagination, but even though it is an act, I really like his laid back style.His character is one of my role models.

*****

スイスの小さな村に住む80歳のマルタは、
最愛の夫に先立たれ、沈む気持ちで毎日を過ごしていました。

ある日、彼女は忘れかけていた若かりし頃の夢、
「自分でデザインして刺繍をした、
ランジェリー・ショップをオープンさせること」を思い出すのです。

しかし保守的な村では、彼女の夢は冷笑されるばかり。

それでも友人たちと共に、夢を現実にするために動き出します。
頑張るマルタと彼女を支える仲間たちの夢と希望の輪。
変化を恐れるのではなく、それをチャンスとし、
新しい一歩を踏み出すことで、勇気を形にしていくのです。

監督の伝えたいことが、とてもわかりやすく、過不足なしに伝わってきます。
夢を現実にしようとする際、年齢は関係ありませんね。

***

An 80-year-old widow Marta from a small village in Switzerland was feeling down after her beloved husband passed away.

One day she called up the dream of her young days to open a chic lingerie shop and sell lingerie that she designed and embroidered on her own.

However the conservative community sneered at her and her dream.

With support of her friends, Marta began to take actions to make her dream come true.

You will see the circle of dream and hope that Marta and her friends create while striving for success.

They took a chance, not being afraid of change.
They turned their courage into action and took a step forward.

The message of the movie is very clear and straightforward.
It’s never too late or too soon to live your dream.

*****

アン・ハサウェイが着るグリーンのコートが素敵で、それを今一度、確認しようと思って観たのですが…。『プラダを着た悪魔』は、予想以上に「キャリア」について考えさせる映画です。

わたしは、この作品をアン・ハサウェイが演じるアシスタントの立場でしか観られない人とは、一緒に仕事ができないなぁと思っています。

メリル・ストリープが演じる編集長の姿が、単に「怖い人」としか映らないのであれば、それは、あまりにも “small world” です。ぜひ、あの上司の目線でも、この映画の世界を観てもらいたいのです。彼女がどんな風に責任のある大きな仕事に立ち向かっているのか…。

経営責任者と従業員の視点・視座・視界は違います。
経営責任者は従業員の見ている世界を想像できるでしょう(できないとまずい)が、
その逆は難しいのかもしれませんね。
でも、その想像力不足が自らの可能性にも制限をかけるものだとしたら?

メリル・ストリープの抑制の効いた演技は、とても “cool” で、
部下に指示を与える際、“That’s all.” と言うところなどは、真似たいほどです。

更に、一生懸命に働く先輩アシスタントが、
“I love my job!” と言っていたのも心に残ります。

この映画を観た後は、いつもよりお洒落をして、バリバリ働きたくなります。
そんな効果もある作品です。

***

The green coat that Anne Hathaway is wearing in this movie caught my attention, and that was simply why I watched this movie. However, the movie betrayed my expectation in a good way, and it made me think a lot about women and career.

If you watched this movie and could only see things from Anne Hathaway’s character’s viewpoint, I will not be able to work with you. That is, if you perceived Meryl Steep’s character as intimidating and bitchy, then you’re coming from a very one-sided perspective.

Please, try to re-watch that movie again, from Meryl’s charachter’s viewpoint.See how she takes over her responsibility to do her job…

The viewpoint, perspective and vision of the manager and the employees are significantly different.

It is fairly easy for the managers to understand his/her employees’ perpsectives (if s/he can’t, then that’s a huge problem), but it is hard for employees to know where their managers are coming from.

Think about this. What if your limitation to imagine is also limiting your capability.

Merril Streep’s subtle acting is very cool, and I even want to try to be like her when she says “That’s all.” after she’s done giving orders to her subordinates.

It also left me an impression when one of her hard working assistants said “I love my job!” to Anne Hathaway.

I feel like dressing up nicely, go to work, and work super efficiently after watching a movie like this.

The movie had that kind of effect on me.

 

Advertisements