Books

わたしの大好きな本です。
初めて手に取った日から、もう何十人もの方にプレゼントしたものでもあります。
その一部を、原語と日本語訳で並べてみます。

ひとりで楽しむこと。
MAKE YOUR OWN HOURS.

好奇心に富むこと。
BE CURIOUS.

高いところにいるものたちと知り合いになること。
GET TO KNOW PEOPLE IN HIGH PLACES.

いちかばちか恐れずにやってみること。
DON’T BE AFRAID TO TAKE CHANCES.

新しいことをやってみる。
TRY NEW THINGS.

限界を試してみる。
TEST LIMITS.

挑戦を忘れるな。
CHALLENGE YOURSELF.

真ん中めがけて飛び込むべし。
JUMP RIGHT INTO THE MIDDLE OF THINGS.

毎日運動せよ。
EXERCISE DAILY.

ヒゲに誇りをもて。
TAKE PRIDE IN YOUR WHISKERS.

自分の椅子を確保せよ。
CLAIM YOUR OWN CHAIR.

あったかいベッドをひとつ持ってること。
HAVE A WARM BED.

日当たりのいい場所をすべて知っておくべし。
KNOW ALL THE SUNNY PLACES.

世界をお前の遊び場に。すべてはお前のおもちゃと知れ。
MAKE THE WORLD YOUR PLAYGROUND.
RECOGNIZE THE TOY IN EVERYTHING.

自分自身を楽しむべし。
ENJOY YOUR OWN COMPANY.

そこにいるだけで、誰かをいい気持ちにできるようになるべし。
BE ABLE TO MAKE SOMEONE FEEL BETTER BY JUST BEING THERE.

愛されるべし。
BE LOVED.

夢を見るべし。
DREAM.

***

1963年、マサチューセッツ工科大学の気象学者エドワード・ローレンツは、
「バタフライ効果」という仮説を提唱しました。
当初、彼の考え方は戯言と解釈されましたが、
現在この理論は「初期値過敏性(鋭敏性)の法則」として知られています。

あなたが動けば、世界は変わる。
この事実を、時間をさかのぼりながら紹介しています。

誰もが影響力を持っています。
その影響力を、どこでどのように体現するか、です。

「バタフライ効果」の最初の羽ばたきは小さなものですが、
小さいからこそ侮れないと思うのです。

***

自分の選択に責任を持つためには、
「わたしに対してこんなことをしたのは何者か?」
「責めるべき相手は誰か?」ではなく、
「こういう状況を引き起こすにあたって、
わたしはどんな役割を果たしただろうか?」
という姿勢で臨むこと。

これは心しておきたい問いです。

また、コラボレーションを築くための10の戦略として、
1.まずは自分から始める。とあります。

コラボレーションに限らず、「ルール・その1」だと思います。

***

  

ブルーノ・ムナーリの「形」に関する本です。
わたしは「パターン認識」と「哲学」をつなぐものとして手元に置いています。

***

紙に書きだすエクササイズがたくさん紹介されています。

例えば・・・
「何を?」「どこで?」「誰と?」
理想の一日を想い描き、「何を」「どこで」「誰と」という3つのカテゴリーにそって
紙に書きだしてみましょう。

理想の一日と言っても、休暇中の一日ではなく、
いつもの一日の理想形を、朝起きてから夜寝るまで。

この前後にもエクササイズはたくさんあるのですが、
このあたりが最も鍵になるのでは?と思います。

わたしは、「理想の一日」だけでなく、
「理想の一週間」「理想の一か月」「理想の一年」も書いています。
(これは時々、見直して、書き直すことが大切です。)

「書きだす」タイプのエクササイズは面倒がってやらない人も多いのですが、
実際に書きだしてみれば、それが「生みだす」効果や成果は、
とても大きなものだとわかるでしょう。

***

108枚のカードは並べると、1枚の大きな絵になります。

例えば、108番のカードは「空(くう)」。
飛行機に乗って離陸することを想像しましょう。はじめのうちは機体が揺れ、さまざまな景色が目に入ります。これは人間のマインドを表しています。離陸して雲を通り抜けることは、感情を通り抜けることに似ています。雲のなかで機体が揺れることもありますが、やがて雲を通り抜けると、そこには無限の青空が広がっています。これがあなたの本来の意識状態です。(中略)それに気づいたとき、あなたは目覚めるでしょう。

リニューアル版も出ているようです。

***

とても不思議な本です。一カ所だけ、紹介します。

あなたがたが、自分のハートの相似形を見つけるには、
あなたがたの愛することを行ない、それを芸術にせよ。

何か、ヒントになりますか?

***

「許可」に関して記された部分を紹介します。

人間は二つのタイプに分かれることがわかってきました。
自分のやりたいことを誰かに許可されるのを待っている人たちと、
自分自身で許可する人たちです。

自分自身に与える許可とは…
常識を疑う許可、世の中を新鮮な目で見る許可、
実験する許可、失敗する許可、自分自身で進路を描く許可、
自分自身の限界を試す許可。

きっと他にもたくさんありますね。