Voices

ハイパーウォーキング™を体験された方々のお声を紹介します。

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg「装い」と「歩き方」をセットで考えるという講座に参加しました。カタログの切り抜きなどを見ながら話す中で、普段選んでいる服には自分への思い込みが反映されていることが、よくわかりました。自分で自分のことを「何をしている、どんな人」だと捉えているかが、意識せずに表れているのは、面白くもあり怖くもあります。「装い」は、何を着るかだけではなく、メイク、ヘアスタイル、所作や姿勢、使う言葉など、自らの発すること全てに関係してくるのだと思いました。「何をしている、どんな人」であるかを自ら意識的に選択することによって、装いや歩き方はずいぶん違ってくることに気がつきます。お仕事によっては「どう見られる必要があるか」が大切な場合もあるということでしたが、それも自身のことをどう捉えているかが根っこにあるからこそ、最適なアレンジができるのだと思いました。(HMさま 30代)

<セルフイメージが役割や立場に合っているかという視点は大事ですね。装いも歩き方も自分の思う「素敵」の表現です。思い込みが自分の姿を小さくしてしまう場合もあるとしたら残念なことですね。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpgプレゼンスを整えるという目的で参加しました。自分がどんな自分になりたいのか、そのような自分はどのように歩くか、ということが明確になりました。ヒールのある靴を履いている自分は、スニーカーの自分とどう違うのか、何を求めてその靴を選んで履いているのか、なども、今までなんとなく「この服にはこの靴」と仕方なく履いていましたが、これからは、目的を持って履けます。私はあまり大きく見えたいと思っていないので、背が高くなって歩くイメージはステキなウォーキングにならなかったのですが、サン・サーンスの曲を思い浮かべて歩くと、自然と気持ちもゆったりして優雅な歩き方に変わったようです。それから、ステキと思う自分の年齢を想像するのも歩き方に影響が出て、とても興味深かったです。また時間を見つけて、いろんな講座に参加したいと思います。(FYさま)

<歩きにくいと思っていたヒールも自然に履きこなせるようになった瞬間には、感動を覚えました。自分の思い込みに気が付くと、人はあっという間に変わるのですね。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg普段の歩き方のチューニングだけでなく、TPOや自分自身の役割に応じた歩き姿のバリエーションが作れたらと思っていました。優雅さ、しなやかさなど女性度を上げて歩くには、足の運び方や姿勢などの細かい修正が必要だと思い込んでいましたが、実際には、イメージキャラクターを想像したり、腕の振り方を工夫するだけで自然と足の運びが変わって、驚きました。ご一緒した方々のフィードバックを受けて何度も歩いて、体に定着させることができたと思います。(NHさま 30代)

<腕と脚の連動がよく理解できる、素晴らしい変化だったと思います。無理なく新しい自分を体現できるのは、ハイパーウォーキング™ならではの成果です。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpgセルフイメージを持って歩くことの気持ち良さが、とてもよく感じられました。背すじが伸びて、シャキッとなっただけでなく、自分がなりたい女性的なイメージを持ちながら、「素敵!」に近づけたように思います。この講座で見つけた自分の「3つのキーワード」を大切にしたいと思います。(佐賀彩子さま)

<エレガントな魅力が見事に放出されていました。自然と笑顔になると仰っていたのも印象的です。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpgただ美しく歩くというだけでなく、「セルフリーダーシップ」について得られたものがありました。自分の体の現在の状態を知ることと、その調整の仕方は、自分がやろうと思ったら、日常生活の中で、すぐ、簡単に、確実に再現できるものです。「自分の整え方」は「ハイパールール」=「心のあり方」でもあると思いました。(KHさま)

<歩くことを通して、自分の状態に気づくというのは大切なことですね。身体をケアすることで、より自分の価値にフォーカスできるのだと思います。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg「素敵!」と自分が感じることは何か?を改めて考え、そうなるための一歩として歩くという行為につなげる。そこを意識することで、常に「なりたい自分」を思い描けるのだと感じました。現実と理想は違って、こう見られたいとか、こうなりたいとは頭で思っていても、何をどうすればよいのかわからなかったりします。でも、こういう体験をすることで思い出して、「こうなりたい」をイメージして、日常の歩くという行為につなげることで、自分の意識が変わり、人に与える印象も変わっていくのかもしれないなと思いました。貴重な体験をありがとうございました。(HAさま)

<「ビフォー・アフター・超アフター」を体現していただいたと感じています。身長も2割増くらいに見えるようになっていました。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg1回目:早速、翌朝出勤時にも実践しました。とても気持ち良くて、パワーがみなぎる感覚がありました!これからどんどん取り入れたいです。何よりもイメージの大切さを思いました。自分が心地良くなれて、出せないと思っていた力も出せそうな気がして、とっても素敵なことを教えて頂きました。

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg2回目:予備知識を持って臨んだつもりでしたが、自分に対する新たな発見がありました。参加するメンバーが違うだけで空気感も違い、新鮮で楽しかったです。出来るはず!と思ったことが、意外にも出来なかったり、イメージを保ちながら歩くことは中々難しいな…と思ったり。(NGワード「難しい」を書いてしまいました。ごめんなさい!)ただ、今回のほうが、より自分のものとして少しは会得できているかな?と思える自分もいました。歩きながら自問自答する感覚が心地よく楽しかったです。もっともっと、その先が見たい!という感覚にもなりました。(SYさま 30代 会社員)

<回数を重ねることで、また新たな自分を発見できるというのは、ハイパーウォーキング™が提供できる価値の一つです。さらに、その先に向かって、歩いていきましょう。>
***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg初めての不思議な体験でした。私はプロゴルファーでもあるのですが、しっかり大地を踏みしめて歩く大切さを改めて実感できました。海外のプロ選手がトーナメントの時に同じリズムで自信を持って歩く姿の秘密。これは、ハイパーウォーキング™ともつながります。自信を持って歩くからナイスショットが打てるのか、ナイスショットが打てるから、自信を持っているように見えるのか!? これからも、突き詰めて行きたいと感じました。(へたっぴゴルフ教室 代表 井美明彦さま)

<「歩く」という根源的な行為から、持てる能力をより無駄なく無理なくムラなく発揮できるよう、願っています。>

***

cropped-e382b4e383bce383ab.jpg皆さんあっという間に、ステキな変化を体現されていて驚きました。ハイパーウォーキング™は「即効性」があります。他の人にどう見られているかを気にするよりも、まず歩いている人自身が体にムリなく、気持ちよく歩く。自然と目線が上がり、背筋もスッと伸びていたのが印象的です。チャレンジすると想像力がより豊かになり、そのことが歩く姿にもよい影響を与えていくのだろうと思います。誰かの思う「素敵」より、自分の思う「素敵」を表現したい方にオススメです!(ハイパーウォーキング™をサポートするためのジャングルストレッチ™を提供してくれた名塩仁美さん)

<より楽に歩けるように、足まわり・肩まわり・身体の背面などにアプローチするワークで、参加された方の大きな変化をサポートしてくれました。>

ハイパーウォーキング™では、再現性を高めるため、鏡や音楽は使いません。あくまでも、身体の感覚にフォーカスすることによって、体得を目指します。

歩き方が変わると、さまざまな方面に変化が現れます。
ぜひ、その変化をご自身のものにしてください。